アカルボースは糖尿病に処方されている薬

アカルボースとは経口血糖降下薬で、主に糖尿病に処方されている薬です。
1990年にドイツで医薬品として承認された薬で、日本ではグルコバイというブランド名で販売がされています。

アカルボースの主な働きは、炭水化物の消化に必要な消化酵素の分泌を阻害するという働きです。
特に、小腸で分泌されるαグルコシダーゼや、大腸で分泌されるαアミラーゼの阻害を行ないます。
これらの消化酵素の分泌が阻害されると、デンプンやオリゴ糖等の分解が上手く行われなくなり、炭水化物の消化率が下がります。
その結果、体内に吸収されるグルコースの量が減少し、糖尿病の治療に効果を発揮します。

この薬は短期間で血糖値を下げる効果があり、しかも長期的にも糖化物の一種であるグリコヘモグロビンの値を低下させる効果があります。

アカルボースの服用方法は、大人の場合には基本的には1日に50mgもしくは100mgを3度摂取する事が一般的とされています。
ただし、状態によっては服用量等が変わる場合があるので、医師の指導の下で正しく服用する事が大切です。

そして、アカルボースは消化酵素の分泌を阻害するという働きから、食前に服用する事が原則です。
そうしないと、充分な効果を得る事が難しくなります。