痩せたいならGI値の低い食事

ダイエットに何度も失敗してしまっている方にご紹介したい方法があります、あなたはGI値というのをご存知でしょうか。
人が食事をすると摂取したものは体内で糖になり血液中を流れます、つまり「血糖値が上昇」するのですが、その値が増加するとインシュリンが血糖値を下げようとします。
ですがインシュリンには脂肪を作り脂肪細胞の分解を抑制する働きがあるため、分泌されすぎるとダイエットの妨げになってしまいます。
そしてそのインシュリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇を緩やかにする食事が必要となります。
前置きが長くなりましたが、そこで登場するのがこのGI値(グリセミック・インデックス)です。
食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計ったものです。
ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されます。
ですから、GI値の低い食べ物を摂ることは、ダイエットへの近道となります。
値の高い低いで言うと、米や麦などは精白されていないものの方が低く、果物もジュースより果物そのままの方が低いです。
はちみつとメープルシロップならメープルシロップの方が低く、じゃがいもやニンジンは高GI食品です。
他の食品のGI値を下げる、酢や乳製品や豆類や食物繊維を合わせて摂るのも有効です。
もし痩せたいなら、GI値の低い食事を選んで摂ってみてはいかがでしょうか。